【AWS】Lambdaで環境変数を使う

【AWS】Lambdaで環境変数を使うAWS

 

ゆうすけ
ゆうすけ

AWS Lambdaの環境変数ってどのように使うんですか?

資格マフィア
資格マフィア

AWS Lambdaはコードの中で環境変数の値を取得することができる。

 

例えば、DEVELOP用LambdaとSTAGING用Lambdaで
同じコードで処理を分岐させることができるぞ。

 

✔️ 本記事のテーマ

 AWS Lambda で環境変数を使う方法

 

✔️ 読者さんへの前置きメッセージ

本記事は「AWS Lambda の環境変数」について書いています。

 

この記事を読むことで

  • AWS Lambda で環境変数を使う方法
  • コードで AWS Lambda の環境変数を取得する方

について理解できます。

 

AWS Lambda の環境変数を使うことで1つのコードで、
Lambdaごとに処理を分岐させることができます。

 

AWS Lambda の環境変数は「設定方法」「取得する方法」さえ知っていれば簡単に使えます。

 

それでは、解説していきましょう。

 

AWS Lambda の環境変数 とは?

AWS Lambda の環境変数 とは?

AWS の環境変数とはAWS Lambda 1つずつに設定することのできる設定値のことです。

 

この設定値をコードの中で参照することで、
同じコードにしてLambdaごとに処理を分岐させることができます。

 

どういうことか実際のユースケースに沿って解説すると、
例えば、以下の図のように
Lambda A には ENV=’develop’  Lambda B には ENV=’staging’ という値を設定しておきます。

 

そして、コードの中ではENVの値によって処理を分岐させることで、
1つのコードでDEVELOP環境 と STAGING環境で別の処理を実現することができます。

AWS Lambda 環境変数のアーキテクチャ図

 

 

AWS Lambda の環境変数 を使うために必要な手順

AWS Lambda の環境変数 を使うために必要な手順

AWS Lambda の環境変数を使うために必要な手順は2つです。

  • AWS Lambda の環境変数 を設定する
  • コードから AWS Lambda の環境変数 を取得する

 

この2つを実施すれば、AWS Lambda で環境変数を使うことはできます。

 

順番に手順を解説していきましょう。

 

AWS Lambda の環境変数 を設定する方法

AWS Lambda の環境変数 を設定する方法

まず、AWS Lambda に環境変数を設定していきましょう。

 

AWS コンソールの検索窓で「lambda」と検索すると、
AWS Lambda コンソール 画面にアクセスできます。

AWS Lambda のコンソール画面

 

今回は‘sampleLambda’という Lambda に対して環境変数を設定していきます。
もしLambdaを作成していない場合は「関数を作成」ボタンから適当な関数を作成してください。

AWS Lambda 詳細画面

 

画面を下にスクロールすると「環境変数」という項があるので「編集」ボタンをクリックします。

AWS Lambda 環境変数設定画面

 

「環境変数の編集」画面に遷移するので「環境変数の追加」ボタンをクリックします。

AWS Lambda 環境変数追加画面

 

「キー」「値」を入力して「保存」ボタンをクリックすると環境変数が作成できます。

 

Python の 辞書型のような形式をイメージすると分かりやすいかと思います。

AWS Lambda 環境変数のキーと値

 

以上で環境変数の設定が完了しました。

 

続いて、コードから設定した環境変数を取得できるようにしましょう。

 

コードから AWS Lambda の環境変数 を取得する方法

コードから AWS Lambda の環境変数 を取得する方法

コードから AWS Lambda の環境変数を取得できるようにするには以下のように書きます。

import os

変数名 = os.environ[‘キー’]

 

このように書くことで、キーに対応した環境変数の値を取得することができます。

 

試しに、先ほど AWS Lambda で設定した環境変数を取得するコードを書いてみましょう。

import json
import os


def lambda_handler(event, context):

    environment = os.environ['ENV']
    print('this Lambda works in', environment)

    return {
        'statusCode': 200,
        'body': json.dumps('Hello from Lambda!')
    }

 

上記のコードを lambda_function.py で実行します。

AWS Lambda コードを deployする

 

deploy ボタンをクリックして変更を反映させて、
テスト実行すると以下のようにログが出力されます。

AWS Lambda の実行ログ

this Lambda works in develop

以上のように AWS Lambda に設定した環境変数を取得して、
コードからその値を取得することができました。

AWSのスキルをつけるのにオススメの書籍

AWSのスキルをつけるのにオススメの書籍

AWS は世界で最もメジャーなクラウドサービスです。

 

モダンなシステム開発のほとんどの現場で採用されているので、
いまや、プログラマーやエンジニアにとって、避けることのできないスキルでしょう。

 

もし、AWSについて独学でスキルをつけるなら、以下の書籍がオススメです。

 

この書籍はAWSについての全てを0から解説しています。

 

AWS を理解するには特有のサービスや考え方の理解が必要となります。この書籍では初学者がつまずきがちなポイントがきちんと解説されているので効率的にスキルを習得できます。
Kindle本もあるので、電子書籍派の方にもオススメできます。

 

また、AWSについて基礎から学ぶのであれば、オンラインスクールもオススメです。


オンラインスクールで学習すると、講義も分かりやすく、
サポート体制もしっかりしているので、
初学者のハードルが高いAWSを学ぶ人にもオススメです。


オンラインで無料レッスンを体験することもできるので、
自分にあっているかどうかを確かめることができます。


オススメは以下の3つです。
どのスクールも無料体験が用意されているので、
契約前に自分に最適なスクールを探すことができるでしょう。

✔️オススメのプログラミングスクール ベスト3

これらのプログラミングスクールは全て無料の体験コースがあります。

 

「雰囲気だけでも知りたい」
「プログラミング学習の全体像を知りたい」
「スクールに入るかどうか迷っている」
という方はとりあえず無料カウンセリングを受けてみることをオススメします。

 

無料カウンセリングだけなら費用はかかりませんし、
スクールに通うにしろ、独学で学ぶにしろ、
カウンセリングで得ることができる情報には価値があります

 

プログラミングスクールについては「プログラミングスクールで失敗しないためには【オススメベスト3も紹介】」の記事でも紹介しています。


気になった方はぜひチェックしてみて下さい〜!

コメント

タイトルとURLをコピーしました