HerokuとPythonは相性が良いという話

HerokuとPythonは相性が良いという話Heroku
ゆうすけ
ゆうすけ

Pythonアプリケーションを作りたいんですけど、
どのWebサーバーを選ぶのが良いですか・・・?

資格マフィア
資格マフィア

Pythonアプリケーションをデプロイするなら、Herokuがオススメだ。


✔️ 本記事のテーマ

PythonとHerokuは相性が抜群


✔️ 読者さんへの前置きメッセージ

本記事は「PythonとHerokuの相性の良さ」について書いています。


この記事を読むことで「Pythonで作ったアプリケーションをHeroku上で動かす方法」をイメージできるようになります。


Herokuは、無料で使うこともできるWebサーバーです。


また、Pythonアプリケーションと親和性が高く、その相性は抜群です。


Heorkuはその手軽さから個人開発にも向いています。


Pythonを使う方なら、
個人開発でちょっとしたアプリケーションを作ることもあるでしょう。


せっかくならPythonアプリケーションをHerokuにデプロイして、Web上で公開してみましょう。


Herokuとは?

herokuとは?

Herokuとは、Web上でサービスを運用するためのホスティングサービスです。


ホスティングサービスとは、

  • ネットワークなどのインフラ
  • OSなどのプラットフォーム

がセットで用意されているサービスです。


これにより、開発者はインフラ面の面倒ごとを無視できるので、
アプリケーションの開発に集中することができます。

Heroku × Pythonの良いところ

Heroku × Pythonの良いところ

Herokuの理念として、「開発者の負荷をなるべく少なくする」という考え方があります。


Herokuでは、アプリケーションをWeb上に公開するために必要な手順が、極めて簡単になっています。慣れた人なら、アプリケーションをものの10分程度で全世界に公開することができます。


それだけではなく、そのままサービスを本格的に運用することも可能になります。

  • インフラの知識がないアプリケーション開発者でも、
  • 手軽にアプリケーションを公開できる
  • 無料である程度使える


これこそがHerokuを使う一番のメリットといえるでしょう。

 

なお、Herokuを無料でフル活用する方法については
Herokuを無料でフル活用する方法」の記事で解説しています。

 

Heorkuへの登録方法

Herokuを使うには、まず無料登録をしましょう。


TOPページのリンクから無料登録ができます。

Heroku_python_000

必要事項を記入します。

Heroku_python_001

記入したメールアドレスに本登録URLが送信されるので、URLをクリックします。
すると、ログインが求められるのでログインします。

Heroku_python_002

ログインすると、Herokuへの登録が完了します。とてもカンタンですね。

Heroku_python_003

PythonアプリケーションをHerokuへデプロイする方法

PythonアプリケーションをHerokuへデプロイする方法

PythonアプリケーションをHerokuにデプロイするのは、とてもカンタンです。


以下の手順で行います。

  1. Gitの準備をする
  2. Herokuにログインする
  3. アプリケーションをデプロイする

Gitの準備をする

HerokuへのデプロイはGitを使って行います。


以下のコマンドを順に実行することで、Gitの準備が完了します。

git init                                
git config user.name "Your Name"        
git config user.email you@example.com   
git add -A .                            
git commit -m "first commit"

Herokuにログインする

Gitの準備が完了したら、herokuにログインしましょう。


以下のコマンドを実行することで、ブラウザが立ち上がり、ログインを求められます。
ユーザー名とパスワードでログインしましょう。

heroku login

アプリケーションをデプロイする

ここまでの準備が完了していれば、
あとはアプリケーションをデプロイするだけです。


以下のコマンドを順番に実行していきましょう。

heroku create <your-app-name>
git push heroku master
heroku ps:scale web=1

これでPythonアプリケーションをHerokuにデプロイできます。

Herokuについてもっと学ぶなら

Herokuについてもっと学ぶなら

Herokuは今回紹介した機能以外にも多くの機能があります。

 

HerokuについてしっかりとスキルをつけるならUdemyの教材がオススメです。

>> PythonによるWebスクレイピング 〜Webアプリケーション編〜

 

Udemyは動画ベースで学習ができます。
よって、実際のコードや図解を見ながら、学習を進めることができます。

 

さらに今なら30日間返金保証がついているので、
一度購入して自分の思っていたものと違った場合は費用がかかりません。

 

先ほどの教材はPythonを用いたアプリケーション作成を通して、
Herokuへのデプロイが解説されているので非常に実践的な教材です。

 

また、Pythonについて基礎から学ぶのであれば、オンラインスクールがオススメです。


オンラインスクールで学習すると、講義も分かりやすく、
サポート体制もしっかりしているので、これからPythonを学ぶ人にもオススメです。


オンラインで無料レッスンを体験することもできるので、
自分にあっているかどうかを確かめることができます。


オススメは以下の3つです。
どのスクールも無料体験が用意されているので、
契約前に自分に最適なスクールを探すことができるでしょう。

✔️オススメのプログラミングスクール ベスト3

プログラミングスクールについては「プログラミングスクールで失敗しないためには【オススメベスト3も紹介】」の記事でも紹介しています。


気になった方はぜひチェックしてみて下さい〜!

コメント

タイトルとURLをコピーしました