matplotlib で日本語を表示する方法

matplotlib で日本語を表示する方法Matplotlib
ゆうすけ
ゆうすけ

matplotlib日本語が文字化けするんですけど・・・

資格マフィア
資格マフィア

日本語を表示するためには matplotlibrc というファイルを作れば良い。
このファイルを作るべき場所も解説しよう。

 

✔️ 本記事のテーマ

 matplotlib で 日本語 を表示する方法

 

✔️ 読者さんへの前置きメッセージ

本記事は
「matplotlib のグラフなどで 日本語 を表示する方法」
について書いています。

 

matplotlib ライブラリを使うことで、様々なグラフを表示することができます。

 

ただし、matplotlib はデフォルトでは日本語を表示することができません。
以下のように、文字化けしてしまいます。

import matplotlib.pyplot as plt


plt.title('日本語 title')
plt.show()

matplotlib の日本語文字化け

 

この記事では、
matplotlib の設定を変更して、日本語を表示する方法について解説します。

 

この記事に掲載しているサンプルコードは環境さえ整っていれば、
コピペで動くはずなので使用して頂いてOKです。

 

では、解説していきましょう。

 

自分の環境の matplotlib が日本語対応してるか確認する

matplotlib はデフォルトで使用するフォントが設定されています。

 

このフォントが日本語に対応していないために、文字化けが起こってしまうのです。

 

そこで、まずは自身の環境で設定されているフォントを確認しましょう。

import matplotlib


print(matplotlib.rcParams['font.family'])

 

このコードを実行すると、以下のように表示されます。

['sans-serif']

 

ここで表示されている sans-serif フォントは日本語に対応してません。

 

これを日本語対応フォントに変えることで matplotlib で日本語が表示されるようになります。

 

matplotlib の日本語設定ファイルの場所を確認する

次に matplotlib の設定を行なっているディレクトリを確認します。

import matplotlib


print(matplotlib.get_configdir())

 

このコードを実行すると、以下のように表示されます。

/Users/XXXXX/.matplotlib

 

このディレクトリが matplotlib の設定用ディレクトリということが分かったので、
ここに設定ファイルを作成することで matplotlib で日本語が表示されるようにします。

 

matplotlib の日本語設定ファイルを作成する

ターミナルで先ほどのディレクトリ配下に matplotlib の日本語設定ファイルを作成します。

vi /Users/XXXXX/.matplotlib/matplotlibrc

 

ファイルの中には以下の内容を記述します。

font.family : Hiragino sans

 

今回は Mac/Windows に標準で入っているフォントを指定しています。

 

好きなフォント名を指定することで、任意のフォントを設定することができます。

 

こうすることで matplotlib で使用されるフォントを変更して、
日本語を表示することができるようになります。

plt.title('日本語 title')
plt.show()

matplotlib で日本語を表示する

 

 

(おまけ)matplotlib の日本語設定をタイトルやラベル定義ごとに行う

matplotlib ではグラフのタイトルやラベルを定義する際に
フォント定義を指定することもできます。

 

この時に日本語対応のフォントを指定することでも日本語表示を可能にできます。

import matplotlib.pyplot as plt


font = {'family': 'Hiragino sans'}
plt.title('日本語 title', **font)
plt.show()

matplotlib で定義ごとに日本語を表示する

 

 

(おまけ)matplotlib の日本語設定をPythonファイルごとに行う

matplotlib ではPythonファイルごとに、フォント定義を指定することもできます。

 

この時に日本語対応のフォントを指定することでも日本語表示を可能にできます。

from matplotlib import rcParams


rcParams['font.family'] = 'Hiragino sans'
plt.title('日本語 title')
plt.show()

matplotlib でファイルごとに日本語を表示する

 

 

matplotlib についてもっとスキルをつけるなら

matplotlib についてもっとスキルをつけるなら

今回は matplotlib で「様々な散布図を表示する」方法について解説しました。

 

matplotlib はデータ分析などでも使用される便利なライブラリです。

 

matplotlib についてスキルをつけるなら、Udemyの教材がオススメです。

>> Pythonでグラフ作成自由自在 ~Matplotlibの使い方~

 

先ほどの教材は matplotlib の基礎から応用まで徹底的に解説しています。

 

matplotlib ライブラリについて理解するところから、実際にグラフを表示するところまでを動画で解説しているので、非常に実践的な教材です。

 

Udemyは動画ベースで学習ができるので、
実際のコードや図解を見ながら、学習を進めることができます。

 

さらに今なら30日間返金保証がついているので、
一度購入して自分の思っていたものと違った場合は費用がかかりません。

 

また、Pythonについて基礎から学ぶのであれば、オンラインスクールがオススメです。


オンラインスクールで学習すると、講義も分かりやすく、
サポート体制もしっかりしているので、これからPythonを学ぶ人にもオススメです。


オンラインで無料レッスンを体験することもできるので、
自分にあっているかどうかを確かめることができます。


オススメは以下の3つです。
どのスクールも無料体験が用意されているので、
契約前に自分に最適なスクールを探すことができるでしょう。

✔️オススメのプログラミングスクール ベスト3

プログラミングスクールについては「プログラミングスクールで失敗しないためには【オススメベスト3も紹介】」の記事でも紹介しています。


気になった方はぜひチェックしてみて下さい〜!

コメント

タイトルとURLをコピーしました